ITビジネス 不戦勝のノウハウとは?

ITビジネスでライバルを出し抜きたい
IT中小企業の経営者の方 必見!

ITビジネスを不戦勝で勝ち抜く5つの極意メールセミナー

完全無料 全5回 5つの極意をメールでお伝えします!


変化が速いITビジネスでは、他社牽制が最も効果的!
IT中小企業が大手企業と組むことも可能!

変化が速いITビジネスでは、他社牽制しなければ、ライバルに出し抜かれてしまいます!

他社が先に特許を申請したら、それが、権利化されるか不安ですね。

自社が発明を実施しても、それが権利化されたら、特許権侵害になってしまい、ダメージは甚大です。

権利化されないことが確定するのを待っていたら、そのマーケットでは後発になり、マーケットの成長期を逃してしまいます。
それは、もったいないです!

他社から牽制される前に、自社が他社を牽制することで、ITビジネスで優位な立場になれます!

他社牽制は、他社よりも先に特許を申請することが大切!

そして、自社が先に開発した旨を宣言するのです。

これで、大手企業との取引もしやすくなります。


特許業界14年の経験と

特許出願申請件数1000件以上の実績!

特許出願したIT企業のお客様より

最初は近くだからという理由で相談してみました。どういう課題でストーリーをまとめるのがよいか?を教えてくれました。他の事務所にも相談しましたが、加藤先生が一番波長が合いました。
ITビジネスでは、変化が早いため、早めに他社を牽制するのが効果的で、加藤先生には、特許制度をどう利用すれば、効果的に他社を牽制できるか?をアドバイスしてもらいました。これを知っているのと、知らないのとでは、雲泥の差ですね!ここ5ヶ月、続けて、13件の特許出願をお願いしています!


ITビジネスを不戦勝で勝ち抜く! 5つの極意

【1日目】自社を完全に独自化する新しい体験の提供とは?

→お客様の「困った」を解決する新しい体験がビジネスの種になる。

どんな「困った」を探して、どんな「新しい体験」を提供するがよいかの決め方とは?

【2日目】ターゲットを絞る!

→需要者を具体的に想定する!

需要者の層やその場面を具体的に想定するメリットとは?

【3日目】シンプルに設計する!

→高スペック化ではなく、シンプルなものほどビジネスで成功しやすい!

技術力に自信がある企業ほど陥る罠とは?

【4日目】牽制・模倣対策をとる!

→シンプルなものは真似されやすい!

注目されている企業は、必ず、牽制・模倣対策を取っている。

特許制度のよくある誤解とは?

ITビジネスで特許制度を利用した最も効果的な牽制とは?

【5日目】需要者のココロに感動を届ける!

→自社商品やサービスを通じて新しい体験を提供する!

注目されている企業は、これが圧倒的に上手い

この上手さのポイントとは?


ITビジネスを不戦勝で勝ち抜く5つの極意メールセミナー

完全無料 全5回 5つの極意をメールでお伝えします!